年末の大レース「KEIRINグランプリ」中川誠一郎選手(熊本)が出場権を獲得!

中川誠一郎選手

中川誠一郎選手(熊本)  

 12月28日(土)〜30日(月)に、立川競輪場にて「KEIRIN グランプリシリーズ 2019」が開催されます。

この度、最終日の30日(月)に行われる「KEIRINグランプリ2019」の出場9選手が決定いたしました。毎年、1年の締めくくりとして行われる 「KEIRINグランプリ」は、数ある競輪レースの中で唯一「GP」のグレードに格付けされたビッグレースであり、優勝賞金1億円をかけて一発勝負で行われます。

 これまで、脇本雄太選手や中川誠一郎選手、新田祐大選手、村上博幸選手といったGⅠレース優勝者4名が早々に出場権を獲得。そして、先日行われた「第61回朝日新聞社杯競輪祭」にて残り5枠の出場者が決定しました。

 九州地方からは、「第34回全日本選抜競輪」や「第70回高松宮記念杯競輪」で勝利した中川誠一郎選手(熊本/40歳)が出場いたします。また、12月28日(土)に行われる「ガールズグランプリ2019」には、小林優香選手(福岡/25歳)、児玉碧衣選手(福岡/24歳)が出場。さらに、29日(日)開催の「ヤンググランプリ2019」には上田尭弥選手(熊本/21歳)も出場します。

KEIRINグランプリとは 

優勝賞金1億円をかけ、一発勝負で行われるビッグレース。競輪選手約2300名の中から、年間6開催のGⅠ優勝者と、賞金獲得上位者の9名に出場の権利が与えられます。

今年は、12月28日(土)〜30日(月)に立川競輪場にて開催され、その最終日である30日(月)に今年の“真の競輪王者”が決定いたします。

昨年の王者・三谷竜生選手

昨年の王者・三谷竜生選手

■中川誠一郎(Nakagawa Seiichiro)選手

<プロフィール>

1979年6月7日生まれ、熊本県出身。

身長:174cm/体重:78kg

期別:85期

選考用賞金獲得額:95,321,000円

2000年8月15日、熊本競輪場にてデビュー。

「第34回 読売新聞社杯全日本選抜競輪」および「第70回 高松宮記念杯競輪」で優勝。また、2019年12月27日からS級S班に昇格が決定。「KEIRINグランプリ」は3年ぶり、2回目の出場となる。

<中川選手からのコメント>

僕にとって2019年は出来過ぎた1年でした(笑)。2018年の後半戦にGIII優勝ができて、その辺からまたトップで戦えるなって思えてきて・・・そのあと、2019年2月の「第34回全日本選抜競輪」がありまして、そこで得た“優勝”が初めて勝ち取ったなって思えるGIだったので、自分自身戦える手応えを感じたのは昨年の後半からですね。全て流れが自分に向いてきて、なんというか神風的なものを感じたので、全日本選抜は自分で勝ち取れたと感じました。「第70回 高松宮記念杯競輪」の優勝は『番手サイコー!』って感じで(笑)、脇本(雄太)君のおかげでした。

その後、10月に行われた熊本記念(久留米)に向けて調子をあげていって、今は少し調子が落ちるのはわかっていたけど、またここからなんとか調子をあげていって、3年ぶりの「KEIRINグランプリ」出場が決まりました。また、来年からのS級S班に向けて、しっかりトレーニングしていきます!

その他詳細につきましては、添付リリースをご覧下さい。