“薬局あるある漫才” シリーズ第六弾「おくすり手帳」 2月3日から放映開始

株式会社アイセイ薬局(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤井江美)は、2月3日からアイセイ薬局グループ全店舗で、お笑い芸人「三拍子」を起用した「薬局あるある漫才」の動画シリーズ第六弾「おくすり手帳」の放映を開始します。「薬局あるある漫才」は、アイセイ薬局が健康管理の拠点として地域医療に貢献していくために、オリジナル漫才を通じて薬局の機能やサービスを面白くかつ分かりやすく皆さまに紹介し、より理解を深めていただくためのシリーズ企画です。

おくすり手帳は、患者さまに処方された薬の名前・処方量・日数・使用方法・注意事項などを記録していく手帳です。おくすり手帳を活用することで、薬剤師が薬の重複や飲み合わせをチェックできるので、患者さまの副作用などのリスク低減につなげることができます。また、副作用歴、アレルギー、過去にかかった病気などの情報を旅行先や災害時でも医師や薬剤師に正確に伝達することができます。なお一般的に患者さまは、調剤薬局で処方せんとともにおくすり手帳を提示することで、処方薬の自己負担額を少なくすることができます。(調剤基本料により異なります。また、金額が変わらないケースもあります。)

シリーズ第六弾「おくすり手帳」では、このようなメリットについてオリジナル漫才を通じて分かりやすく紹介していくことで、おくすり手帳に関する理解を深め促進につなげていきます。

起用した芸人は、「芸人1,000人が選んだ『売れてないけど本当は面白い芸人』」(「フジテレビENGEIグランドスラム」調べ)で見事第1位に輝いた「三拍子」。彼らの独自のセンスを活かして、情報を「面白く」かつ「分かりやすく」提供しています。

■概要

放映開始日:2020年2月3日~

本動画は、アイセイ薬局のデジタルサイネージ「ヘルスケアビジョン」とアイセイ薬局のYouTubeアカウント( https://youtu.be/qvJcKY7ObgA )にて放映します。

“薬局あるある漫才” シリーズ第六弾「おくすり手帳」 QRコード

服薬状況を薬局と共有できる電子おくすり手帳アプリ「おくすりPASS」

アイセイ薬局では、常に「おくすり手帳」を持ち歩くことが難しい方のために、服薬状況を薬局と共有できる電子おくすり手帳アプリ「おくすりPASS」をご用意しています。これは従来の紙のおくすり手帳が果たしてきた「重複投与の防止」、「飲み合わせ確認」の役割に加えて、家族の服薬の一元管理や薬を飲む時間をお知らせする‟服薬アラーム”など、治療効果の低下を防ぐ機能を搭載しています。

■「おくすりPASS」の詳細はこちら

https://www.aisei.co.jp/okusuripass/

「おくすりPASS」の詳細はこちら  QRコード

三拍子プロフィール

三拍子

<写真左>                               

氏名    高倉 陵(たかくら りょう)

出身地   北海道

生年月日  1981年(昭和56年)2月16日

血液型   O 型

趣味    オリジナルソング作成・スキューバダイビング

特技    料理・一人旅

<写真右>  

氏名    久保 孝真(くぼ たかまさ) 

出身地     東京都  

生年月日  1981年(昭和56年)10月8日生 

血液型    O 型     

趣味    スポーツ・ボーリング

特技    和太鼓 

アイセイ薬局について <www.aisei.co.jp>

株式会社アイセイ薬局(www.aisei.co.jp) は、全国に368店舗(2020年2月1日現在)の調剤薬局を運営する企業です。1984年の創業以来、開業医との医薬連携を大切にした地域医療への貢献を行っており、薬局店舗の9割を「クリニックとのマンツーマン型」と「医療モール型」で占めているのが特徴です。医療モールについては現在、全国で140か所以上を運営しており、「医療モールのリーディングカンパニー」として業界を牽引しています。

また、アイセイ薬局は、グループ企業として、「はなまる」ブランドで高齢者介護施設を運営する株式会社愛誠会(www.aiseifukushi.jp)、薬剤師の転職、派遣のお仕事紹介サービス「お仕事ラボ(www.oshigoto-lab.com)」を運営する株式会社AXISなどを展開しています。アイセイ薬局グループは、医療福祉の受益者から従事者に至るまで質の高いサービスを提供しています。