ミニトマトの美味しさ、健康機能性、価格特性を総合評価。「ENRICH MINI TOMATO」がナンバーワンに

 最も愛される緑黄色野菜の一つにトマトがあります。その中でも、見た目の可愛らしさもあって一段と普及が進むミニトマトは、栄養価に優れ、私たちの健康を維持・増進するうえで、大玉トマト以上に重要な役割を担うことが期待されています。

 ミニトマトはその人気の高さゆえ、とてもたくさんの種類とブランドがあります。このため消費者は、ミニトマトの美味しさと栄養価とを共に重視して購入しようとしても、どれを選べばいいのかわからないというケースが散見されます。

 

 こうしたことから、一般財団法人格付けジャパン研究機構(代表理事:蓮沼肇・東京都千代田区)では、ミニトマトの食味と、健康機能性に着目した栄養成分を明らかにすることが消費者のメリットにつながると考え、代表的な品種やブランドミニトマトを11種類抽出し、これらを比較する試験を行いました。

 試験では、まず美味しさの指標となる「糖度」が高く、健康機能性の栄養成分である「リコピン」と「GABA」の含有量に総合的に富む上位3種類を選び出したうえで、消費者にとり、入手しやすさの指標となる「価格特性」を調べて総合評価を行いました。

 

 その結果、当財団は、長万部アグリ株式会社の「ENRICH MINI TOMATO」が、ミニトマトのナンバーワンであると評価し、この度「データプレミアムNo.1格付け認証」を行いました。本認証が、科学的なエビデンスに基づく、美味しさと健康機能性のバランスに優れたミニトマト普及の一助になることを期待するものです。

 

 

【比較試験の概要】

 1. 糖度および栄養成分の定量試験

  1)評価項目

    ・食味に関する評価項目:糖度

    ・栄養に関する評価項目:リコピン量、GABA量

 

  2)試験対象

    高い知名度を有し、購入可能なミニトマト11種サンプル

 

  3)試験機関

    いであ株式会社食品・生命科学研究所(大阪府大阪市住之江区南港北1-24-22)

 

 2. 価格特性に関する評価及び総合評価

   上記定量試験の結果に優れる3品種の販売価格を調査。

   その上で、価格あたりの糖度を比較するとともに、リコピン、GABAをそれぞれ一定量

   (10mg/100mg)摂取するのに必要な、ミニトマトの重量あたりの価格を比較・評価した。

 

 3. 試験および評価結果

  長万部アグリ株式会社の「ENRICH MINI TOMATO」は、糖度10.6で2位(1位は糖度12.5)、

  リコピン量は4.3mg/100gで4位(1位は7.2mg/100g)、GABA量は53mg/100gで3位

  (1位は84mg/100g)の数値であった。

  一定量の糖度、リコピン、およびGABAを摂取するための購入費用は、定量試験の測定値から

  総合評価で選んだ上位3品種の中で「ENRICHMINI TOMATO」が最も安価であった。

  以上の結果から、食味、健康機能性、価格特性のバランスに最も優れるミニトマトとして

  「ENRICHMINI TOMATO」が総合評価1位にランキングされた。

 

  (今回のミニトマトに関する試験およびその結果に基づくランキングは、一般社団法人レリエジリエンスジャパン推進協議会の

   監修の下に行われました。試験の詳しいデータを示した報告書は、一般財団法人格付けジャパン研究機構HPよりダウンロード

   できます。 https://kakuzukejapan.or.jp

 

【ENRICH MINI TOMATOについて】

 

 長万部アグリ株式会社は、東京理科大学と北海道長万部町が連携した地方創生事業の一環として2017年

 に誕生しています。

 ENRICH MINI TOMATOは、水分を抑制せずに栽培しており、太い茎を持つ丈夫で健康な生体によって生

 育します。長万部産のホタテの貝殻を有効活用した、強いアルカリの培地で栽培するのが大きな特徴で、

 甘さと酸味のバランスがとれた濃厚な味を獲得しています。高糖度で、老化や生活習慣病を予防するリコ

 ピンや、抗ストレス作用があるといわれるGABA(γ-アミノ酪酸)などを豊富に含んでいます。

 また、アルカリの培地は「消毒液」の様な役割を果たし、「根」からの病気になりにくく、「接ぎ木苗」

 や農薬を使用せずに済むメリットもあります。

 

 〈長万部アグリ株式会社〉

   ホームページ https://www.oshamambe-agri.co.jp/

   連絡先    info@oshamambe-agri.co.jp

 

 

【格付けジャパン研究機構について】

 一般財団法人格付けジャパン研究機構は、社会的なメリットや消費者のメリットにつながる様々な

 テーマを取り上げ、専門家の調査・分析によるエビデンスをもとに、商品やサービス、自治体、企業、

 各種団体を評価、格付けし、ランキングを公表していく団体として2019年3月に設立されました。