LINE Pay株式会社・日本ユニシス株式会社と「前給」サービスを活用した


2020年3月31日
各 位

LINE Pay株式会社・日本ユニシス株式会社「前給」サービスを活用した
デジタルマネーで新しい受取方法の実証実験開始について
 
当社子会社の株式会社きらぼし銀行(頭取 渡邊 壽信、以下「きらぼし銀行」といいます。)及び当社グループ会社のきらぼしテック株式会社(代表取締役 石原邦浩、以下「きらぼしテック」といいます。)は、下記の通り、LINE Pay株式会社(代表取締役CEO 長福 久弘、以下「LINE Pay」といいます。) 及び日本ユニシス株式会社 (代表取締役社長 平岡 昭良、以下「日本ユニシス」といいます。)と連携し、福利厚生の一環として多くの企業にご利用頂いている給与前払サービスである「前給サービス」(※1)を活用して、「LINE Payかんたん送金サービス」(※2)を利用した新たなデジタルマネーでの受取方法の実証実験(以下「本実験」といいます。)を開始いたします。
当社グループは今後も、FinTechを活用した新たな金融テクノロジーの開発などを通じて、ICT企業との連携により、新たな金融サービスの提供に取り組んでまいります。
  

1.実証実験開始日
  2020年4月1日(水)
2.実証実験の概要
本実験では、きらぼし銀行の役職員に対して、「前給サービス」を活用して、直接「LINE Pay」の残高で受け取る方法を提供します。「前給サービス」を導入する企業への将来的な展開やデジタルマネー活用による利便性向上等を見込んだ実証実験プロジェクトとなります。
また、本実験にあたり、「前給サービス」から「LINE Pay」へのデジタルマネーでの受取については、日本ユニシスが提供するICT基盤(※3)を活用します。機能やデザイン(UI・UX)等についても今後検証していく予定です。

   (※1)「前給」サービス
 事業会社におけるパート・アルバイト等の従業員の皆さまの給料日前の資金ニーズに応えることができるサービスです。労働実績内で給料日前にお金を受け取ることができる制度となります。 従業員の方はきらぼし銀行に口座がなくても、勤務先の事業会社がきらぼし銀行と契約されていれば、従業員の方からの申込みにより最短で翌営業日に給与振込口座宛に資金が振り込まれます。2005年にビジネスモデル特許を取得し、サービス提供を開始いたしました。 昨今の人手不足を背景に、福利厚生サービスの充実による人材確保及び定着率向上を目指す事業会社において導入が増加しております。
(※2)「LINE Payかんたん送金サービス」
   LINE Payが2019年7月にサービスを開始。企業から個人へダイレクトに「LINE Pay残高」で報酬やインセンティブ等の臨時収入を受け取り可能にするサービスで、企業立て替え金精算、経費・交通費精算、ECでの返品に伴う返金、クラウドソーシング報酬受け取り、リユース買取代金の受け取り、ポイント交換、キャンペーン懸賞金やキャッシュバックなどでご利用いただいております。※

  • 給与など法令等で電子マネーでの支払いが認められていない取引については、本サービスの対象外となります。

(※3)「doreca™」電子マネーチャージ基盤
   QR決済・交通・流通系IC・ハウスカード等へのオンラインチャージを可能とする電子マネーチャージプラットフォームサービスとなります。日本ユニシスは順次決済事業者との連携を進め、2020年度中の本格事業開始を予定しています。
※dorecaは、日本ユニシス株式会社の商標です。

以上