BIGLOBE「トータル・ネットセキュリティ」に「マカフィー(R) セーフ コネクト」を提供開始

マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 辰夫、

以下マカフィー)は、ビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、

代表取締役社長:有泉 健、以下BIGLOBE)が2020年4月6日より提供を

開始する、PC、スマートフォン向けセキュリティサービス

「トータル・ネットセキュリティ」に対し、

「マカフィー(R) セーフ コネクト」の提供を開始することを

本日、発表しました。

これまでマカフィーは、

BIGLOBE「セキュリティセット・プレミアム」に機能提供することで、

BIGLOBEユーザーのデバイスの保護対策を行ってきました。

今回さらに、BIGLOBEユーザーのオンラインでのプライバシー保護と

安心・安全の強化のため、マカフィー セーフ コネクトが加わり、

「トータル・ネットセキュリティ」として提供が開始されます。

カフェや飲食店、大型商業施設などさまざま場所で無料Wi-Fiの整備が

進んでおり、スマートフォンやノートPC、タブレットなどの

個人デバイスからそういった無料Wi-Fiを利用する人が増えています。

また、デジタルトランスフォーメーション(DX)が進み、

働き方が変化し、昨今リモートワークが増加傾向にあります。

それに伴い、社外から企業の重要なデータにアクセスする機会が

増えており、セキュリティの確保が望まれています。

今回機能追加したマカフィー セーフ コネクトは、

PC(Windows)、スマートフォン(Android、iOS)において、

ユーザーがVPNを介したインターネットへの接続を可能にします。

VPN経由時にデータを暗号化することで、

ネットワーク上のプライバシーとセキュリティを強化し、

第三者による盗聴を回避する機能を備えています。

ますます巧妙化するインターネット上のさまざまな脅威から、

ユーザーの大切なデバイスやデータを保護対策します。

今回新たに提供開始する製品の概要は以下のとおりです。

1.提供製品

マカフィー(R) セーフ コネクト

※最大3台までインストールが可能。

2.提供開始日

2020年4月6日(月)

3.主な特徴

<Wi-Fiセキュリティ対策>

・Wi-Fi通信を高強度で暗号化することで、個人情報や

オンラインアクティビティが第三者によって盗み見られることを防ぎます。

・IPアドレスを隠すことでプライバシーを保護します。

インターネット閲覧中に位置情報、銀行口座の認証情報や

クレジットカード情報などの情報を保護します。

4.対応OS

Windows

 Windows10, Windows8.1, Windows8, Windows7

 ※Windows エンタープライズには未対応

Android

 Android4.4以降(Android10を含む)

iOS

 iOS9.0以降(iOS13を含む)

5.販売価格

580円/月(税別)

※新規申し込みの場合2カ月間無料

「トータル・ネットセキュリティ」についての詳細は、

下記ページをご覧ください。

https://security.biglobe.ne.jp/tns/

■マカフィーについて

マカフィーはデバイスからクラウドまでを保護する

サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を

越えて共に力を合わせることで実現するより安全な世界を目指し、

マカフィーは企業、そして個人向けのセキュリティ ソリューションを提供しています。

詳細は https://www.mcafee.com/ja-jp/ をご覧ください。

* McAfee、マカフィー、McAfeeのロゴは、米国およびその他の国における

 米国法人 McAfee, LLCまたはその関連会社の商標又は登録商標です。

* その他の会社名、製品名やブランドは、該当各社の商標又は登録商標です。