シーリー、米国シェアNo.1マットレスブランドに。

米国マットレス・ベッドブランド Sealy(シーリー)が、この度2019年度の米国卸セールマーケットにおいて最も販売されたトップブランドとなりました。株式会社スリープセレクト(東京都港区 代表取締役社長 西村秀之)は、米国シーリーとライセンス契約に基づき日本において当ブランドを製造・販売しています。

  この報告は米国家具業界専門誌「Furniture Today(ファニチャートゥデイ)」によって発表※1 されたもので、Sealyとしては9年ぶりのトップ奪還となります。Sealyは2019年に12.5%売上を増加させ14.4憶の卸売上を記録しました。同発表によると、Sealyに次ぐNo.2はSimmons(シモンズ)で約12.3億ドル。(Beautyrest ビューティレストも含む)。No.3は Serta(サータ)で、約12.1億ドル、No.4 はTempur-Pedic(テンピュール ペディック)で 約11.2憶ドルと、その差は拮抗しています。

Tempur Sealy International (テンピュールシーリーインターナショナル)CEOのスコット トンプソン氏によると※2、グローバルに事業再編が行われた2015年から、Sealyの品質・サービス基準を高めるために人材の開発や工場設備の充実、そして物流システム改善などの各種改革を積極的に行ってきたことがマーケットに受け入れられる結果になったと述べています。

 ベット大国である米国の “No.1ブランド” であるこの実績とともに、今後もより一層、日本の国内ニーズにも応じた製品開発に邁進する所存です。どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。

上記発表元 「Furniture Today(ファニチャートゥデイ)」

※1 http://www.furnituretoday.com/bedding-manufacturers/top-bedding-producers-sealy-regains-no-1-spot-on-list/

※2 http://www.furnituretoday.com/bedding-manufacturers/sealy-reclaims-no-1-ranking-on-?-bedding-market-share-list/

株式会社スリープセレクトは、国内におけるSealy(シーリー)の全ての販売事業およびStearns & Foster(スターンズ&フォスター)の輸入販売事業を譲受しています。当社はシーリーブランドのベッド・マットレスを製造から販売まで一貫して行っています。