神戸どうぶつ王国2回目の繁殖に成功! 再び舞い降りた「砂漠の天使」 スナネコ赤ちゃんが誕生しました!

神戸どうぶつ王国2回目の繁殖に成功! 再び舞い降りた「砂漠の天使」 スナネコ赤ちゃんが誕生しました!

 

 


神戸どうぶつ王国(株式会社どうぶつ王国、本社:兵庫県神戸市、園長:佐藤哲也)では、2020年11月6日(金)にスナネコの赤ちゃんが誕生、8月に続き2回目の繁殖になります。前回は人工哺育でしたが、今回は母親(バリー)が子育てをしており生後2週間を迎え体調も安定しています。現在、母子は刺激を与えないよう個室獣舎に入っており周りからはその様子は見えません。スタッフたちはモニターで母子の様子を見守り、タイミングを見計らい赤ちゃんを取上げ、体重を測ったり健康チェックをしています。やっと目が開いた小さな命ですが、母親のもとで順調に育っています。公開については、詳細が決まり次第お知らせいたします。微笑ましい親子の姿をご期待いただき、今後の赤ちゃんの成長と母親の子育てを温かく見守ってください。

 


 生後7日目の様子

 生後11日目の様子

 生後15日目の様子

赤ちゃんの公開については、詳細が決まり次第お知らせいたします。

※動物の体調により、やむを得ず予告なく内容が変更・中止になる場合がございます。予めご了承ください。

 

【スナネコの赤ちゃんについて】

出生時:2020年11月6日(金)

出生数:1頭   性別:オス

出生時の大きさ:体重104g(11/10現在)

現在の大きさ:体重266g(11/24現在)

父親:ムスタ 母親:バリー

 

画像:生後0日 (モニター画面より)

 

☆スナネコ

英名:Sand cat
学名:Felis margarita

分類:食肉目ネコ科    
分布:アフリカ北部、西アジア、中央アジア

説明:砂漠などに生息するため毛の色は砂漠に溶け込む色をして、灼熱の砂から足裏を守るため肉球を覆うように毛がある。世界最小級のサイズでその愛くるしい姿から「砂漠の天使」と言われるが、牙は鋭く気性も荒いため、ペットには向いていない。

《「スナネコ赤ちゃん誕生記念」クラウドファンディングのリターンについて》
現在挑戦中の神戸どうぶつ王国クラウドファンディング 「花と動物と人との懸け橋プロジェクト」 では、スナネコ赤ちゃん誕生記念して スナネコ赤ちゃんの命名権やオリジナルグッズのリターンを追加しました。
 

    

当園のクラウドファンディングでは、希少動物たちを救い、幸せになれる環境を作りたい。その想いと共に動物たちの福祉向上や、希少種の保全、環境保全・環境教育など、動物たちの未来のため積極的に取り組んでいます。 スナネコ赤ちゃんを通じて当園の取り組みを多くの皆さまに知っていただき、ご支援に繋がればと考えています。

《クラウドファンディング「花と動物と人との懸け橋プロジェクト」について》

希少種を救いたい、動物たちが幸せになれる環境を作りたい、動植物たちにとってのよりよい環境づくり、お客様にとっての幸せの空間づくりを継続的に実施していくため、クラウドファンディング「花と動物と人との懸け橋プロジェクト」を2020年10月12日(月)~12月11日(金)の期間、READYFORにて行っています。目標金額は3,000万円(All in形式)、集まりましたご支援は未来に向けて希少な動物たちを救う活動の費用や、現在飼育している動物たちのための費用として大切の活用させていただきます。
皆さまのご支援よろしくお願いいたします。

 

花と動物と人との懸け橋プロジェクト URL:https://readyfor.jp/projects/kobe-oukoku