ジョルダン株式会社 サテライトオフィスシミュレータ「JRD-Relocate (リロケート)」の提供を開始

 ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤俊和、以下ジョルダン)は、 11月30日より、withコロナ時代の企業におけるオフィス(本社・サテライトオフィス)と従業員の配置、 コスト管理を行うサテライトオフィスシミュレータ「JRD-RELOCATE(リロケート)」の提供を開始します。

 

 新型コロナウィルスの拡大にともない企業の活動が、本社集中から、分散化へと進展しています。

特に、首都圏内、近郊にサテライトオフィスを設置する企業が増加しています。そのため、そのサテライトオフィスの設置により、社員の通勤時間や通勤交通費のコストがどう変動するか、また、そのサテライトオフィスの立地が適切かどうかを把握することは重要なファクターとなります。

 

 「JRD-RELOCATE」は、弊社が培ってきた公共交通の情報と出発地から到達地までの経路検索技術を用い、従業員情報・サテライトオフィス情報をもとに、従業員の通勤時間・通勤費・交通費の算出と現在の本社での費用の差分を計算するサービスです。

 操作は、企業別のクラウド上に、従業員情報とサテライトオフィス情報(Excel形式)をアップロードし

計算させるというICTの高度な知識がなくても操作できる仕様となっています。

 

 提供価格は、従業員規模100名程度の企業の場合、初年度50万円(税別)、次年度以降30万円(税別)で提供を予定しております。