「GRESB 2020」評価結果に関するお知らせ ~2020年の「セクターリーダー」に選出~

2020年11月30日

ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社

 

ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社が資産運用業務を受託している「DREAMプライベートリート投資法人(以下、DPR)」は、2020年に実施されたGRESBリアルエステイト評価において、相対評価であるGRESBレーティングで「4 スター」を2年連続、優れた参加者であることを示す「グリーンスター」を3年連続で取得しました。

更に今年度は、総合型・アジア地域・非上場セクターにおいて、2020年の「セクターリーダー」に初めて選出されましたことも併せてお知らせ致します。

 

 

1.評価結果について

DPRは、サステナビリティに係る取り組みについて、総合スコアのグローバル順位により5段階で格付けされるGRESBレーティングで、上位40%以内が取得できる「4スター」を取得しました。また、ESG推進のための方針や組織体制などを評価する「マネジメント・コンポーネント」、及び、保有物件での環境パフォーマンスやテナントとの取り組み等を評価する「パフォーマンス・コンポーネント」の双方において優れた参加者であることを示す「グリーンスター」の評価を3年連続で取得しました。




加えて、DPRは、総合型・アジア地域・非上場セクターにおいて、2020年の「セクターリーダー」に選出されました。「セクターリーダー」は、各地域・物件用途において、総合点が最も高い参加者、及び、その点差が1点以内の参加者に与えられる称号です。


2.GRESBについて

GRESBは、不動産会社・ファンドの環境・社会・ガバナンス(ESG)配慮を測る年次のベンチマーク評価及びそれを運営する組織の名称であり、責任投資原則(PRI)を主導した欧州の主要年金基金グループを中心に2009年に創設されました。

なお、GRESB の詳細については以下をご参照下さい。

GRESBウェブサイト:https://gresb.com/

 

 

3.今後の取り組みについて

DPR及びダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社は、今後も「人と組織」、「地球環境と社会」に配慮した「不動産運用事業」の推進を目指す「サステナビリティ経営」を実践して参ります。

 

 

【ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社概要】

本社: 東京都千代田区平河町2丁目16番1号

事業内容: 不動産私募ファンドの組成・運用及びアドバイザリー業務・コンサルティング業務

株主構成: 三菱商事株式会社(100%)

代表者: 代表取締役社長 中元 克美

設立: 2004年

従業員数: 89人 (2020年9月末時点)

 

 

 

 

本プレスリリースは、金融商品取引法に規定される広告その他これに類似するものには該当しません。

本プレスリリースは、当社による投資運用業務の提供や特定の運用商品の勧誘を目的としたものではありません。また、当社は、本プレスリリースを用いて本資料に記載されているファンド等について勧誘を行っているものではありません。

本プレスリリース中の将来の事項に関する推定、予測、予想又は見解に係る記述については、実際の結果と一致することを保証又は約束するものではありません。