なぜ、日本人は長生きするほど不幸になるのか?人はもっと幸せに生き、幸せに死ぬべきである!「いのち」に向き合い続けた在宅医からのメッセージ!

30年間、在宅医療一筋の医師が在宅で出会った数々の「いのち」の奇跡を伝える

総合出版コスモ21(本社:東京都豊島区、代表取締役:山崎 優)は、地域包括ケアシステムが提唱されている現場で在宅医療に取り組んできた医師の目に映った現実を克明に取り上げた新刊『なぜ、在宅では「いのち」の奇跡が起きるのか?』を発売開始しています。終末期をどこで過ごすのか、病院か在宅か、延命処置をするかしないか、そんな究極の迷いに応える書籍です。

『なぜ、在宅では「いのち」の奇跡が起きるのか?』

総合出版コスモ21

http://www.cos21.com

【『なぜ、在宅では「いのち」の奇跡が起きるのか?』発売背景】

戦後、医療の中心は病院でした。高度な医療環境と医療技術こそが人命尊重の象徴であり、患者本人とその家族のよりどころでした。ところが、国は、高齢化が急速に進み、医療費負担が膨大に膨れ上がったとき、「自宅で最期を迎えたい」と願う高齢者の声があることを背景にして在宅医療の推進を打ち出してきました。

しかし、大きく揺れ動く医療体制の中で、人々は戸惑い続けています。

「住み慣れたところで最期を迎えたい」

「できれば親には家で最期を迎えさせてあげたい」

「機械につながれて苦しんで死ぬのは嫌!」

「苦しむ親の姿は見たくない」

「在宅で最期を迎えたい」と半数以上の日本国民が願っている一方で、実際には8割が病院で最期を迎えています。これは欧米諸国と比べると突出しています。どうして、私たちは人生の最期を在宅で迎えることはできないのか。親には幸せな最期を迎えさせてあげたいけれども、果たして家族の力だけで可能なのか。

超高齢化社会といわれる日本の現状にあって、終末期医療をどう進めていくのかという命題は、一人の高齢者が、一家族が、一人の医師が頑張って考えればいい話ではなく、国が、自治体が、そして医療や福祉関係者はもちろん、国民一人一人が本気になって向き合わなければならない課題です。

国連の世界幸福度ランキング2020では日本は62位ですが、とりわけ高齢者の幸福度が低いといわれるなかで、著者はこれまでの在宅医療の現在で出会った数多くの患者さんの姿を取り上げ、何より医療者として、同じ人間としてどう人の「いのち」と向き合うべきかという根本的な問いかけを行なっています。そこから、これからの地域ケアシステムや幸福な最期を迎える道筋を示そうとしています。

医療関係者、福祉関係者はもちろん、介護をしている家族、そしていつか訪れる最期をどう迎えるべきか模索している読者に読んでいただきたい1冊です。

【『なぜ、在宅では「いのち」の奇跡が起きるのか?』の特長】

1. 経済、長寿がトップクラスの日本でお年寄りの幸福度があまりに低い理由を読み解く

2. 「自宅で最期」を願っている日本の8割が病院で亡くなる理由を解説

3. 在宅か病院かで迷ったときの判断の助けになる

4. 終末期における延長治療に迷ったときに参考になる

5. 在宅医療を目指す医療関係者や福祉関係者の参考になる

【『なぜ、在宅では「いのち」の奇跡が起きるのか?』の概要】

書籍名: 『なぜ、在宅では「いのち」の奇跡が起きるのか?』

著者 : 東郷 清児

定価 : 本体1,600円+税

体裁 : 四六判/278ページ

ISBN : 978-4-87795-393-5

販売店: 全国書店、アマゾン他のネットストア

URL  : http://www.cos21.com/

【著者情報】

著者:東郷 清児

医療法人医輝会 理事長、東郷医院 院長。専門は内科・老年期精神神経医学。

1963年鹿児島に生まれる。鹿児島大学医学部卒。3年間大学病院勤務後上京。東京都立多摩老人医療センター(現在の多摩北部医療センター)精神科、武蔵野赤十字病院内科などに勤務する傍ら、武蔵野市内の診療所で在宅医療に従事。

平成11年より市中病院の在宅診療部部長、平成18年より在宅療養支援診療所院長として在宅医療、在宅ホスピスを専門に活動。平成27年より現職。

■会社概要

商号  : 株式会社コスモトゥーワン

代表者 : 代表取締役 山崎 優

所在地 : 〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-39-6-8F

設立  : 1989年年9月

事業内容: 出版

資本金 : 1,000万円

URL   : http://www.cos21.com/

【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】

電話 : 03-3988-3911

メール: book@cos21.com