インフラテクコン交流会3月15日(月)開催決定! 高専チームのプレゼン、表彰式のほか、企業賞の発表も!

ニュースリリース

関係者各位

2021年2月24日

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

高専チームに会える!高専生のアイデアを聴ける! インフラテクコン交流会315日(月)開催決定! 高専チームのプレゼン、表彰式のほか、企業賞の発表も! ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

インフラマネジメントテクノロジーコンテスト実行委員会は3月15日(月)に3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区)にて、2020年度に創設した高専向けコンテスト「インフラマネジメントテクノロジーコンテスト」(インフラテクコン)の参加者、関係者の交流会を開催いたします。

インフラテクコンに挑戦した高専チームによるリアル&オンラインによるポスターセッションやプレゼンテーションなど、高専生と出会い、高専生のアイデアを聴ける場を提供いたします。

また、すでに決定・発表しておりますインフラテクコン2020の入賞チーム(6チーム)と奨励賞(1チーム)の表彰式も行います。その際、協賛企業が選ぶ企業賞の発表も予定しております。

 

(公表済みリリースの修正) 

2月5日付のリリース「第1回インフラテクコンの入賞作品が決定」におきまして、入賞作品・地域賞のチーム名「津幡メンテロウズ」(石川高専)は「津幡メンテロズ」の誤りでした。お詫びして訂正いたします。

 

 

■イベント名 : 高専インフラテクコン交流会

 

■キャッチコピー : 会いたい!聴きたい!

 

■日時 : 2021年3月15日(月)10:00-17:00(予定)

(一般来場者は一部入場制限がございます)

 

■場所 : 3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区外神田6-11-14)

              

■参加費 : 無料

 

■イベント内容: ・高専チームによるポスターセッション

・高専チームによるプレゼンテーション

・インフラテクコン2020表彰式(13:00~)

※インフラテクコン2020企業賞発表

(新型コロナウイルス感染状況によって変更する可能性があります)

 

 

インフラテクコン2020 入賞作品(最終審査進出チーム対象)

 

●最優秀賞 チーム名「わくわくピーナッツ」(徳山高専)

        テーマ  ICT+スマホゲームによる気付けばインフラメンテ依存症⁉

        提案概要 スマホゲームを活用したインフラメンテナンスへの気づきと参加の促進

●優秀賞  チーム名「NITKCs」(木更津高専)

        テーマ  木更津市における冠水情報通知システム

        提案概要 スマホアプリを活用した冠水情報の迅速な共有

●地域賞  チーム名「WEJOKA」(阿南高専)

        テーマ  下水道未整備地区の逆襲~合併浄化槽に付加価値を~

        提案概要 生活汚水が有する疫学等データを価値化し、合併浄化槽への転換を促進

        チーム名「津幡メンテロズ」(石川高専)

        テーマ  橋梁きずなプロジェクト

        提案概要 チェックシートによる橋梁点検の簡素化と住民参加の促進

        チーム名「Be-mice」(長岡高専)

        テーマ  Cool Snowman

        提案概要 アプリを使った除雪作業の地域協働の促進

        チーム名「えちもりインフラーズ」(福井高専)

        テーマ  えちぜん鉄道まもり隊

        提案概要 枕木振動軽減の新技術やAI、沿線住民による見守り参加で管理の省力化

●奨励賞(自由参加枠チーム対象)

チーム名「Kure SWGT」(呉高専)

テーマ  ローテク下水処理システムで資源をフル活用!

提案概要 下水処理工程からメタンガス、藻類、中水、水流など様々な資源を回収

 

「第1回インフラマネジメントテクノロジーコンテスト」開催概要

スローガン:まちを守る。みらいを創る。

キャッチコピー:繁栄か、廃退か。

        街の未来は君たちの「技術」と「アイデア」に託された。

        高専生、挑戦せよ!

開催方法:オンラインコンテスト

共催:インフラマネジメントテクノロジーコンテスト実行委員会(NPO法人シビルNPO連携プラットフォーム内)、社会基盤ライフサイクルマネジメント研究会、人生100年社会デザイン財団

後援:国土交通省、独立行政法人国立高等専門学校機構、公益社団法人土木学会、公益社団法人日本下水道協会、公益社団法人日本技術士会​、一般社団法人日本建築学会、一般社団法人建設コンサルタンツ協会、​一般社団法人日本橋梁建設協会、一般社団法人持続可能な社会のための日本下水道産業連合会

協力:インフラメンテナンス国民会議、公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会​

審査方法:1)現状の課題の把握、2)地域へのインパクト、3)クオリティ、

4)オリジナリティ、5)チームワーク、6)ボーナスポイントの6項目で採点

________________________________________