EY税理士法人に新たにパートナーとして河村真紀子弁護士が参画

EY税理士法人(本社:東京都千代田区、統括代表社員 蝦名和博)は、2021年4月1日付で、弁護士及び税理士としてさまざまな国際税務案件を手掛け、クロスボーダー取引についても豊富な実績を有する河村真紀子氏をパートナーとして弊法人に迎えたことをお知らせいたします。

 

河村氏は、クロスボーダーM&A、ジョイントベンチャー、企業再編、不動産取引について幅広い経験を有し、これらの取引に関する税務アドバイスについて豊富な実績を有しています。また、サプライチェーンの再構築やそれに伴う規制法のアドバイス、およびクロスボーダー取引に関する消費税や関税に関するプラニングに関しても精通しています。加えて、税務調査や事後調査などの当局対応及び紛争処理も多く手掛けるなど、税務・法務の双方の観点からクライアントサービスを提供しています。

 

た、河村氏は、過去にThe Best Lawyers in Japan 10th EditionのBest Lawyerに選ばれるなど、さまざまなリーガルのランキングにて高い評価を獲得し、税法分野におけるプロフェッショナルとして、活躍しています。

 

河村氏は、2003年に早稲田大学大学院で修士課程を修了後、2004年に弁護士登録しました。その後、2008 年にニューヨーク大学ロースクールにおいて、LL.Mを修了し、2014年以降、外資系法律事務所においてパートナーとして税務プラクティスに従事してされております。第一東京弁護士会、東京税理士会に所属し、税理士資格も所有しています。

 

EY税理士法人、統括代表社員の蝦名和博は、次のように述べています。

「税務専門家に求められるニーズが日々多様化・複雑化している中、税務と法務の両方の知見を有する稀有な専門家である河村氏には、税務訴訟に加え、外資系企業への税務アドバイザリーサービス、日系多国籍企業の国際税務サポート、PEファンドへのサポート提供など、幅広い分野の活躍を期待しています。」

 

EYは、今後もクライアントの皆様に高品質でタイムリーなサービスを提供できるよう努めていきます。

 

<EYについて>

EY  |  Building a better working worldEYは、「Building a better working world(より良い社会の構築を目指して)」をパーパスとしています。クライアント、人々、そして社会のために長期的価値を創出し、資本市場における信頼の構築に貢献します。150カ国以上に展開するEYのチームは、データとテクノロジーの実現により信頼を提供し、クライアントの成長、変革および事業を支援します。アシュアランス、コンサルティング、法務、ストラテジー、税務およびトランザクションの全サービスを通して、世界が直面する複雑な問題に対し優れた課題提起(better question)をすることで、新たな解決策を導きます。

EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。EYによる個人情報の取得・利用の方法や、データ保護に関する法令により個人情報の主体が有する権利については、ey.com/privacyをご確認ください。EYのメンバーファームは、現地の法令により禁止されている場合、法務サービスを提供することはありません。EYについて詳しくは、ey.comをご覧ください。

 

<EY税理士法人について>

EY税理士法人は、EYメンバーファームです。税務コンプライアンス、クロスボーダー取引、M&A、組織再編や移転価格などにおける豊富な実績を持つ税務の専門家集団です。グローバルネットワークを駆使して、各国税務機関や規則改正の最新動向を把握し、変化する企業のビジネスニーズに合わせて税務の最適化と税務リスクの低減を支援することで、より良い社会の構築に貢献します。詳しくは、ey.com/ja_jp/people/ey-taxをご覧ください。