日本人初!アフリカTEDxに登壇

日本人初、アフリカの教育TEDに登壇!

人はほめ合う為に存在することを

世界中の影響力がある人達に伝えている教育実践家”原邦雄”

船井総研からラーメン店の洗い場に転職し4年住み込みした後、店長時代の人材育成術「ほめ育」を

開発しアメリカで起業し労働ビザ取得、テレ朝報道ステーション登場を経て、出版(現在15冊)。

320社以上の企業や教育機関の教育方針に【ほめ育】が導入されている。

また、代表の原は母を介護しながら自宅から世界中に発信している超・起業家でもあり、SNSを活用し社員ゼロ

リモートワーカー100人以上と協業しながら世界発信している。

「人はほめられる為に生まれてきて、ほめ合う為に生まれてきた」

という真理の追求と、世界の影響力ある方々に問題定義をし続けている。

独自の教育メソッド【ほめ育】が世界17か国、320社、50万に広がり、

夢は世界中にソーシャルビジネス展開。

今回登壇したアフリカ(チュニジア)TEDxのほかに企画が進んでいる

バングラディッシュ、ベトナム(仮)、ヨルダン(仮)

■大会概要

TEDxとは・・TEDx Program | Programs & Initiatives | About | TED

1984年にスタートしたTEDは「Idea Worth Spreading」のコンセプトのもと、幅広いジャンルのプレゼンテーションを提供していきました。TEDの精神を尊重し、守るべきルールに従って運営されています。本家同様に「Idea Worth Spreading」のコンセプトを忠実に守り、それぞれのアイディアを紹介する場として機能しています。

■登壇が決まった経緯

「人はほめられる為に生まれてきて、ほめ合う為に存在する」という真理の追求をしている原邦雄氏のアイデアは、

「ほめ合う記念日」を作る事。

また、日本語で“ほめる”の古語は、相手の繁栄や幸せを祈ること。

世界各国の同じ意味の言葉なども質問している。

現在、多くの企業や教育界にも導入され、数字的効果が確認されており、また、

誹謗中傷が多い世の中、子供たちがもっと“大人になりたい”と思わせることが

重要と訴えていることが決め手となった。

■今後の展開

世界教育革新サミットでの登壇や、北欧やアメリカでの影響力がある教育や

経済界でのスピーチ、出版、映像などでこのアイデアを広めていき、

世界中に【ほめ育ソーシャルビジネス】を確立させ、自立した教育の仕組みを

作る事。