ワークスアイディ、NTT-AT認定「WinActor®」研修制度に認定

 

 

報道関係各位    

2021年4月6日

ワークスアイディ株式会社

 

NTT-AT認定「WinActor®」研修制度に認定 WinActor®における知見、コンサルティング能力、技術力を評価


  RPA導入支援・ITソリューション・データサイエンス・人材サービスのクロスファンクションによるDX事業を展開するワークスアイディ株式会社(代表取締役社長:池邉竜一、本社:東京都渋谷区、以下ワークスアイディ)は、国内導入実績6,000社を誇るRPAツール「WinActor®」を展開するNTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)の認定する「WinActor®」研修制度を2021年2月5日に取得いたしました。

 

 ワークスアイディは、数百社を超えるRPA導入支援の数多くを「WinActor®」にて実施しており、「WinActor®」に関する高い技術力、導入コンサルティング能力、運用・保守推進に至るまでの高い知見・実績を有しており、官民問わずお客様より高評価をいただいております。

 

WinActor®認定研修とは、WinActor®開発元のNTT-ATにて、効果的な学習を促進するために研修コンテンツ(教材等)に基準を設け、これをクリアしたものを「WinActor認定研修」とし、品質を保証することを目的としています。NTT-ATにて認定された研修コンテンツ(教材等)は、認定マークが付与されます。また、基準を満たす研修では、Certification of WinActor(CWA)の認定資格保有者が講師を務めます。この度は、当社のWinActor®導入実績や高い技術力・知見の高さが評価され、認定されました。

 

ワークスアイディでは、本認定の取得ともない、今まで以上にお客様にWinActor®を利用した最適なDXサービスをご提供してまいります。

 

<ワークスアイディ株式会社>https://www.worksid.co.jp/

DX事業、ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation[RPA])導入支援事業ならびに、データサイエンス、人材派遣・技術者派遣、BPO・アウトソーシング、さらにRPAの諸スキルを持ちえたヒューマンリソースとAI・ロボットを組み合わせた派遣など、企業ニーズに合わせた幅広いサービスを事業展開する。2015年4月に第1期“優良派遣事業者”に認定される。