IDホールディングス、経済産業省指針に基づくDX(デジタルトランスフォーメーション)認定を取得

2021年4月6日株式会社IDホールディングス

 

IDホールディングス、経済産業省指針に基づくDX認定を取得

 

当社はこのたび、経済産業省が定めるDX(デジタルトランスフォーメーション)認定制度に基づき、「DX認定取得事業者」としての認定を取得しましたのでお知らせします。

 

 

 

 

1.DX認定制度の概要

DX認定制度とは、「情報処理の促進に関する法律」に基づき、経済産業省が定める「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応する企業を国が認定する制度です。具体的には、経営ビジョンの策定や戦略・体制の整備などDX推進の準備が整っている(DX-Ready)企業を認定事業者として認定し、企 業を中心に社会全体でDXを推進していくことを目的とした制度です。

 

情報処理推進機構(IPA)のDX認定に関するサイト: https://www.ipa.go.jp/ikc/info/dxcp.html

 

2.認定取得のポイント

当社は、中期経営計画「Next 50 Episode Ⅰ 覚醒 ! (Awakening !)」(2020 年3月期~2022 年3月期) の3大方針のひとつとして、「デジタルトランスフォーメーション(DX)による UP-Grade されたBusiness Model の展開」を掲げています。具体的には、既存のサービスソリューションにアドバンスト・テクノロジーを組み合わせ、より付加価値の高いサービスの提供を図っています。また、DXを活用した新たなビジネスモデルの構築に向け、教育研修を通じたDX技術者の育成や、クラウド環境の設計および構築、移行後の運用保守を行うIDクラウドマネージドセンターを新設するなど、積極的な投資も行っています。

当社のこれらの取組みについて、経済産業省が定めた認定基準を満たすこと、ならびにステークホルダーへの適切な情報開示が行われていることなどから、認定取得にいたりました。

今後も当社グループは、既存ビジネスの変革を通して社会のDXを推進し、Waku-Waku する未来創りに参加していきます。

 

 

 

 

以 上