イオン液体市場―成分タイプ別、アプリケーション別(触媒および溶剤、プロセスおよび操作流体、プラスチック、バイオリファイナリー、その他)-世界の需要分析および機会の見通し2029年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「イオン液体市場:世界的な需要の分析及び機会展望2029年」2021年04月 06日 に発刊しました。このレポートは、予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。
世界のイオン液体市場は、2021-2029年の予測期間、中に高いCAGRで成長すると予想されます。この成長の背後にある主な要因は、低燃焼性や高熱安定性などの優れた特性により、さまざまな産業(主に工業用溶媒として)でイオン液体が利用されていることです。

抽出および分離プロセスを実行するためのイオン液体の需要の増加、およびグリーンケミストリーの原理に基づいた溶媒の配合の重要性の高まりも、近い将来、市場の成長を後押しすると予測されています。

当分析によると、再生可能化学物質の市場規模は2018年に約700億米ドルと計算され、2020年には850億米ドル以上に成長しました。


市場セグメンテーション洞察
イオン液体市場は、成分タイプ別(アンモニウム、イミダゾリウム、ホスホニウム、ピリジニウム、ピロリジニウムなど)、アプリケーション別(触媒および溶剤、プロセスおよび操作流体、プラスチック、バイオリファイナリー、その他)によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

アジア太平洋地域は予測期間中に高いCAGRを保持すると予測

イオン液体市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカなど地域によって分割されます。
これらの地域の中で、アジア太平洋地域の市場は2021年に最大のシェアを保持すると予想されます。この成長は、電子製品業界におけるイオン液体の大量消費、および日本、韓国、中国、台湾などの国々でのイオン液体の需要の高まりと強力な製造スループットなど要因に起因すると予測されます。

イオン液体市場は地域に基づいてさらに区分されます。
● 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
● ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
● アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
● 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

市場主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のイオン液体市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。イオン液体市場における業界のリーダーはTokyo Chemical Industry Co., Ltd.、KOEI CHEMICAL CO., LTD.、BASF SE、SOLVIONIC 、Solvay SA、Merck KGaA、Evonik Industries AG、Iolitec Ionic Liquids Technologies GmbH、Strem Chemicals, Inc. 、Reinste Nano Ventures Pvt. Ltd.などです。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2891

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/ionic-liquid-market/2891

**** Research Nester Private Limited会社概要*****
https://www.researchnester.com/

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール: info@researchnester.com