JMDCのPHRサービス「Pep Up」の新型コロナワクチン接種情報が15万人を突破

株式会社JMDC(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:松島 陽介、以下「JMDC」)は、健康保険組合向けに自社開発・提供しているPHRサービス「Pep Up」において、2021年4月に新型コロナウイルスワクチンの接種情報を記録する機能を追加しました。日本国内におけるワクチン接種が進み、2021年10月時点でワクチン接種記録の登録が15万人を突破したことをお知らせいたします。

Pep Up

新型コロナウイルスワクチン接種は初回接種から一定期間後の再接種が求められております。また、接種後の「予防接種済証」を携帯していなくとも、いつ、どこでワクチンを接種するのか及び接種したのかを速やかに確認するため、本機能を提供してまいりました。

接種記録はすでに利用しているスマートフォンアプリでデジタル管理することが可能であり、その手軽さから多くのユーザーにご登録いただきました。

1. 登録状況推移

2021年4月から10月上旬までの登録数は、以下のとおりです。

新型コロナウイルスワクチン接種記録(累計)

2. ワクチン接種記録情報

ワクチン接種日、回数(1回目/2回目)、ワクチンメーカー、製造番号(LOT)、接種場所をデータとして入力できます。予防接種済証を写真として登録することも可能です。

ワクチン接種記録情報

3. 疫学研究等での活用

Pep Upワクチン接種記録に登録された接種情報とワクチン接種後の体調に関するアンケートの回答は、ユーザーの同意の下、医療情報と突合および匿名加工を行い、新型コロナウイルスワクチンの安全性等の調査や学術機関、製薬企業との疫学研究などに使われます。

【Pep Upについて】

Pep Upは、株式会社JMDCが提供するPHR(パーソナルヘルスレコード) サービスです。「健康状態の見える化により健康に対する行動変容を促す」ために、以下のようなコンテンツを通じて、ユーザーがより健康になるための行動を取りたくなるようなインセンティブ(動機づけ)を提供する、WEBサービスおよびスマートフォンアプリです。

URL: https://static.pepup.life/products/pepup/

・健康年齢診断

毎年の健康診断結果から自分の健康年齢を知ることができます。また、健康診断の結果もわかりやすく解説します。

・健康記事

健康維持・増進に役立つ健康記事を定期的に配信しています。

・日々の記録

ウェアラブル端末などから取得したバイタルデータなどを一元管理したり、毎日の歩数、体重、睡眠時間や血圧など健康管理に欠かせない記録を手軽に行うことができます。

・お薬手帳

調剤薬局での調剤歴が自動で反映されるお薬手帳です。

https://www.jmdc.co.jp/2021/03/08/news20210308/

・Pepポイント

健康記事を読んだり、キャンペーンに参加したりすることで様々な商品と交換できるポイントが付与されます。

【株式会社JMDCについて】

医療ビッグデータ業界のパイオニアとして2002年に設立。独自の匿名化処理技術とデータ分析集計技術を有しています。6億5,000万件以上のレセプトデータと2,800万件以上の健診データ(2021年3月時点)の分析に基づく保険者向け保健事業支援、医薬品の安全性評価や医療経済分析などの情報サービスを展開しています。また、健康度の単一指標(健康年齢)や健康増進を目的としたWebサービス(Pep Up)など、医療データと解析力で健康社会の実現に取り組んでいます。

URL: https://www.jmdc.co.jp/