京都外国語大学・京都外国語短期大学 川﨑 桃太名誉教授逝去のお知らせ ルイス・フロイス著「日本史」翻訳

報道関係者 各位

平素は本学へのご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

京都外国語大学名誉教授の川﨑桃太(かわさき・ももた)氏(104歳)が、令和元年9月30日(月)、京都市内の自宅で逝去されましたので、ここに謹んでお知らせいたします。

詳細は、以下の通りです。

川﨑桃太(=京都外国語大学名誉教授) 山口県生まれ。1930年、ブラジルに渡り、アンシエッタ大学哲学科を卒業、1955年に帰国し、同年カトリック河原町教会で司祭として奉職。京都外国語大学ブラジルポルトガル語学科助手を経て、1975年、教授に就任した。1992年、京都外国語大学名誉教授に就任。

専門研究分野は、言語学・歴史学。1977年~1980年にかけてルイス・フロイス著『日本史』全12巻(松田毅一共訳・中央公論社)を翻訳・出版。第29回「菊池寛賞」、第35回「毎日出版文化賞」特別賞を受賞 。100歳の2015年には、フロイス研究について総括した「フロイスとの旅を終えて今想うこと」(三学出版)を出版した。

通夜日時 :令和元年10月2日(水)午後6時より

告別式日時:令和元年10月3日(木)午前10時30分より

喪   主:川﨑 靖弘(かわさき・やすひろ)様(長男)

式   場:カトリック河原町教会

      〒604-8006 京都府京都市中京区河原町三条上る下丸屋町423     

●葬儀等に関する連絡先はレクイエム会(TEL 072-728-9883)まで

※香典は辞退されています。

※弔電・供花はお受けになられます。

※川﨑の「﨑」は生前本人・ご家族ともに「﨑」の使用をご希望されています。

※写真をご要望の方は、本学で提供致しますので、広報室までお問い合わせください。

以 上