ドローンで直播き栽培された新種米「N.330」のサンプル出荷開始!

一般社団法人シンプルライフ協会の副理事でもある農業法人市川農場の市川範之氏が、国立研究開発法人北海道農業研究 センターと直播きで栽培可能な極良食味米の新品種を共同研究中です。

 

今回はその最新の品種「N.330」(仮称)をサンプル出荷で限定販売いたします。
非常に数は少ない出荷になりますが、今後農業をやってみたい方などはお試しください。

 

今までの栽培方法は、冬の時期にビニールハウスで稲の苗を育て、春先に田んぼに植えていくスタイルでした。

今回開発された新品種は、田んぼに直接種を播くことでも成長し、ちゃんと根付き、田植え作業の省略化も進められることが実証されました。

今回は市川農場の1000m2を使いドローンで種を散布し栽培、他の田んぼと変わらない収穫高もありました。

これは作業の効率化だけではなく、農機具の簡素化、生産コストダウンにも繋がります。苗を栽培せずに直播きするには、散布用のドローンの投資(約200万円位)だけで済む点も注目点です。ビニールハウスを建てる場所(土地)、ハウスでの栽培コスト、重農機具への投資がいらないなど、大幅なコストカットが見込まれす。またドローンを使うことによって種の散布にムラが出来づらいのもメリットになります。

この新品種は棚田や大型機具の入って行きづらい場所や、都市菜園での栽培を可能にします。
より身近に米を作れる可能性が広がります。

直播きは以前から取り組みはあり、根付きを良くするために種に鉄分をコーティングするなどの工夫がされていましたが 、現在研究中の直播農法ではその作業の必要はありません。

食感はとてもモチモチしていて、味は非常にあっさりしています。
食味ランク「特A」を持つ北海道産「ゆめぴりか」と同じ遺伝子を持ち、粘りが強く、冷めてもあまり食味が低下しない「低アミロース米」となります。
おかずの旨みを邪魔しないあっさり感が際立ち、冷えても美味しいのでおにぎりなどにも非常に相性が良いと思います。(※個人差があります)

またドローンを使う点での「楽しい農業」への提案にも繋がります。
当協会はシンプルに暮らすことへの提案の中に、農業とのコラボレーションも掲げており、「楽しい農業」の提案事業の一環として、この取り組みに賛同し、これからのシンプルライフのあり方の一つにしたいと思っています。

また旭川をはじめとした北海道の豊かな大地の恵みを、味わうだけではなく、そこに生き、楽しむ可能性の追求を提案しています。
都市生活者が入りやすい農業のあり方も研究、提案、実施を実践として行い、『生き方を変える』提案を行っていきます。

またこの取り組みは、ライフスタイルから提案する地方創生事業の一環でもあり、スマート農業(楽しい農業)と地方をマッチングすることでの移住や交流人口のアップを目指しています。

販売サイト:当協会オフィシャルECサイトにて
BASE https://smpl.base.ec(11/15にオープン)
Yahoo!ショッピング(準備中)

販売品目:ドローン直播米「N.330」 1kg または 2kg
数量:限定 少数 (販売開始までに決定します)
金額:1kg 1,200円 / 2kg 2,100円(税別・送料別)
※産地指定銘柄ではないので品種名は「その他」と記載されています。

お問い合わせは下記までお願いいたします。
一般社団法人シンプルライフ協会
お問い合わせ先: info@smpl.fi